Counter 福島県双葉郡の被災地復興計画④

 


福島県双葉郡の被災地復興計画④

Non Governmetel Organization - East Asia Friendly Charity Wark Research Society

東亜友誼慈業研究会(とうあゆうぎじぎょうけんきゅうかい)のNGO活動

English Version
★ 2012.7.8.「映画フラガール」上映会から、始まった被災地支援!!。そして、翌年6.10.から、始めた除染作業員の現場は、楢葉町!!。★
★ 2016年3月18日大熊町木幡ますみ議員、仝役場幾橋功企画調整課長等と会津若松で、
面談後、<閉ざされた鉄路 竜田駅>を訪問。

* 2010年12月11日延坪島戦争後初の板門店ツアーで、
訪れた臨津閣から見た自由の橋から先の38度線上都羅山駅の<閉ざされた鉄路>は、
線路の有る無の違いが有るが、竜田駅と同じ様だった。16時頃撮影。

★ 会津若松市へ避難中の大熊町役場出張所再訪。
 ◎ 上左の画像は、2016年3月18日、大熊町役場幾橋功企画調整課長を再訪した際、陳情の大熊町木幡ますみ議員。
    仝中の画像は、仝日、木幡仁・ますみ夫婦の避難先である会津若松市一箕町の仮設住宅入口。
    仝右の画像は、8年振りに49号線上から見た猪苗代湖。

★ 楢葉町の竜田駅と楢葉町鈴木恒男議員宅。
 ◎ 上左の画像は、2016年3月18日、竜田駅舎。
    仝右の画像は、仝日16時頃の駅待合室の線量計は、0.149マイクロシーベルト(μSv)を表示していた。

 ◎ 上左の画像は、仝駅待合室の壁の貼って有った415系電車ラストランのポスター。
    仝右の画像は、戴いた新しい時刻表。
    駅舎を出て、左側の観光案内図。  ★ 他に、撮り鉄らしき男が数人駅周辺に居た。

 ◎ 上左の画像は、竜田駅周辺で、判明しなかった新築中の鈴木恒男議員宅を訪問したが、議員は、避難先に戻った後だった。
   3月22日14時41分被災地復興関係の書類を送付するから、避難先の住所を教えてくれと電話依頼、了解を得、
   仝25日送付し、4月18日14時32分電話し、確認をすると読んだが、ピンと来ないと云う。
    つまりは、関心が無い、付合いが出来ない、協力が出来ないと云う事。
    一般的な日本人(同和)は、海外に行っても、割り勘で、恥ずかしい事然りで有る。
    鈴木と云う姓は、韓半島から、木船で来た金さんと云うのを知らないらしいから、此処で、披露します。
    既に、水耕栽培は、隣町で行って居るし、線量は低く、普段の生活の戻り、風評被害だけが、問題との事なので、
   要が無いと云う事で有る。町長選は、昨日現職が勝利し、楢葉町は、変わる事が無いと判断する。
    双葉郡の町村議員のホームページは、極めて少なく、町が割れて居る有権者は、如何情報を得て居るのか聞きたい。
    仝右の画像は、広野インターチェンジから、常磐道を走ったものの、
   片側一車線の為仝右の画像は、広野インターチェンジから、常磐道を走ったものの、片側一車線の為 、
   渋滞で、いわき中央インターチェンジ迄時間を要したが、水戸インターチェンジ迄快適な旅だった。

★ 財団法人EAG開発機構中村守保理事長との出会い。
中村守保は、水耕プラントの転設先を私に、
依頼して居たが、裏切って、売却した。
    東北文化学園大学教授で、工学博士中村守保理事長は、埼玉県熊谷市の出身で、
   縁が有り、3月7日長電話し、意気投合。

       (熊谷市三ヶ尻は、新田義貞が、鎌倉攻めの時、私の先祖で有る児島高徳が、
      越後等の山伏に助っ人を頼み、追い着いた処で、援軍が無かったら、此の戦に勝てなかったと云われて居ます。
       義貞の子孫で有る徳川家康が、高徳の眠る古海と共に、天領にして、
      私の分家三河三宅田原藩に管理させたものの、遠方なので、私の家が管理して居た因縁の場所です。
       以前は、見ヶ尻と云う地名でしたが、三宅の三に替えたと云う事です)
      此の様に、被災地復興にも、援軍が必要に成りますので、御協力下さい
 ◎ 上左の画像は、2016年3月31日関連資料送付後の4月4日ミャンンマー大使館訪問後、
   中村守保理事長と面談し、被災地に必要な書類関係を戴いて来る。
    仝上から、<インドネシアの工業他・知識向上技術><中村守保55年の経歴書><学位論文(文部省)の件・業務の経過>。
    <一般財団法人EAG開発機構の事業経過等><株式会社設備計画の会社概要等><技術士業務報酬の手引き>。
    <財団法人EAG開発機構の理事長関連資料>。
    仝中の画像は、4月9日、再訪し、中村守保理事長から、更に、被災地で要入る書類を戴いて来る。
    仝上から、1960年15件以上の特許を得て、長野県伊那郡で事業化した<水耕栽培の各写真>。
    <水耕プラントマニュアル>第3巻<社会生活基盤生産助援知資料>。
    <水耕農作プラント><東日本大震災復興に関する構築提案><産業廃棄物処理施設概要計画>。
    仝4月9日戴いた 書類<水耕農作の沿革>。

    4月14日13時50分に戴いた電話では、水耕栽培を行っても、
   良いと云う法人が、二社見つかったとの事で、
   長野県の水耕プラントの機材を譲渡しても、良いと云う話です。
    又、水をいわき市のスーパーに買い求めている人々には、
   豪華客船で使用している海水を飲料水に替える装置を準備するとの事です。
    其れ迄は、フィリピン共和国に送った事の有る水質浄化タンク車を提供すると云いました。
    近日中に、其の資料を戴きに参上する予定です。


    被災地で、米・野菜作りをしている人が居るが、自分用等で、他人には、売れない。
    大熊町では、白血病で死ぬ人が増えて居ると云う情報が、沢山WEB上で、検索される程で、
   韓国では、福島産の物全てが、拒否されて居るのが事実なので、土を使わない<水耕栽培>が最適です。
    国内で、初めて、<水耕栽培>に成功した中村守保博士から、被災地に技術提供する約束を戴きました。
    メロン・スイカ・トマト・きゅうり・ゴーヤの水耕栽培を行って居ますので、全国はおろか世界中に、野菜・果実を販売出来、
   福島の悪評を払拭する事が出来ます
。昭和八年生まれと御高齢な中村守保博士が支援します。


   水耕栽培は、天候に左右されず通年で、同じ新鮮な野菜果実を生産出来、レタス類ならば、月に二度出荷出来ます。
   土を使用する事無く無農薬で、洗う事無く其の儘食べられます
   ですから、放射能度の高い被災地の産業として、最適です。
★ 災害が有った処に、直ぐ、新鮮で、洗わずに食べられる野菜と果実を贈る事が、被災して、支援を受けた者の恩返し。★

   私達が被災地に提案している病院・老人ホーム・土葬墓苑等の高齢者総合支援施設の一環として、
  水耕栽培は、従来の農作業の様に腰を屈める事無く、軽労働なので、貧困高齢者の雇用が出来、
  福祉活動を図れ、原発に頼る事の無い経済が、生じます。
   そして、病院・老人ホーム等の高齢者総合支援施設に、食糧供給します。
   ホームヘルパーが、拾年後は、38万人足ら無く成るのと同じに、食糧供給が追い付か無く成るのは、眼に見えて居るので、
  既に、水耕栽培を行っている被災地も有るが、先発で、意義の有る中村守保博士のINA式を直ぐ、
  長野県伊那郡から、双葉郡の被災地に提供しても、良いとの事です。

    2025年から、80万人要するヘルパーの仕事をミャンマーの若い人達に従事して貰います。
    (ホームヘルパー2級が介護職員初任者と云う資格に成り、130時間の講習で、資格を取得出来ます)
★ 上記の様に、水耕プラントを被災地等に案内して居たのだが、他から、「あの水耕プラントは、売却された」と聞き、2016年7月21日9時10分直ぐ、電話して、問い詰めたら、「売却依頼した覚えが無い、資料を出しただけ」との事で、正に、言い訳。矢張り、中村は、同和だった。★

★ 蔡内科皮膚科クリニック蔡篤俊院長との出会い。
   * 2016年3月2日渋谷区初台の蔡クリニックを訪問し、蔡篤俊院長等と面談し、
    本会ホーム­ページで、掲載の承諾と被災地&韓国への「NAT針療法」技術指導を得る。
     アレルギー等の魚の鱗の様な肌で、サウナに行けない男性。美容整形で失敗し、
    サングラスとマスクで、顔を隠さないと表に出られない女性。
     蔡篤俊院長の様に、手術で、異物を体内に入れた為、体が拒否反応を起こし、皮膚疾患を患う人。
     血族結婚に依るDNA異常。土葬でなくなった為の栄養分の無い野菜の摂取に依る抵抗力の無い体質。
     自然治癒力と云うのが、有るのに、病院に行けば、薬漬けで、虚弱体質に変化するので、必要以上に、薬は貰わない事。
     いとこ同士の結婚が出来る他の国では考えられない日本だが、昔から、「嫁の家と便所は、遠い程良い」と云うので、
    縁の無い相手と結ばれるのが、人間です。(動画は、汚血を吸出中の蔡篤俊院長)
     4月14日震度7の<平成28年熊本地震>が有りましたが、私達も、栄養価の有る物を食べなければ、
    駄目なのと同じに、死人を火葬にせず、土葬で、地球の栄養分にすべきです。


   ◎ 画像は、当日戴いた蔡篤俊院長の著者二冊。生誕した台湾のCIA勤務の後、千葉大学医学部を卒業。
      順天堂大学医学部で、医学博士号取得。1993年開業。夫人は、某航空会社のCAを遣って居た美人。
      私達の関連する病院が、被災地に出来たら、ノウハウを全て、伝授すると御約束戴きました。
     蔡篤俊院長の云う様に、世界中から、皮膚疾患が有る人達が集まります。


★ 駐日ミャンマー大使館訪問記。
    ◎ 画像は、駐日ミャンマー大使館の門。
           3月2日訪問したが、偶々、土日祝以外の農民の日(Peasants Day)休館日で、インターフォン越に、再訪を告げる。
           仝16日再訪したが、17時を過ぎて居たので、インターフォン越に、対応を断られる。
           4月4日三度目で、入門したが、車は、構内に入れず、会議前の10分間、女性の参事官と面会するが、
          通訳が不在の為、仝7日を予定する。
           然し、FAXするとの話だったが、連絡が無いので、仝6日15時12分電話すると、通訳を同行して、
          貰わないと担当参事官は、会えないと云う。
           韓国大使館・モンゴル大使館とは、可也待遇が異なるので、ミャンマー語の出来るボランティアを探さなくては成らない。
           何方か、ミャンマー語或いは、英語が堪能な方の助っ人を御願い致します。

★ ビルマロヒンギャ協会アウンティン副会長との出会い。

   上記の様に、山本宗補カメラマンから、連絡無く、
  其の後、印度へ取材の為と仝カメラマン取材のロヒンギャのカラムアプルを探す事は出来ず、
  通訳ボランティアを探して居たのですが、
  ミャンマー人が住んで居ると云う情報を得て、
  4月18日中古車をミャンマーに、
  輸出して居る<在日ビルマロヒンギャ協会>アウンティン副会長を訪ねる。
   趣意を告げると、夫人の他、4人皆さんが、歓待してくれた。
   <復興計画③>掲載のミャンマーチーク株式会社の木材の様な材料で、
   製作した家具類を拝見するが、
  私が、韓国の尹氏籠房から輸入した物と同じに、眼の保養に成る物だった。

    ◎ 左の画像は、4月12日の上毛新聞社会23面とアウンティン副会長の名刺。

   ミャンマー人の若い人達をヘルパーとして、双葉郡に入国させる事に同意。
   5月2日から、ミャンマーに帰る際、私の資料を持参し、
  アウンサンスーチー国家顧問に届け、
  私達の面会予定を作る事を約束した。
   替りに、ヤンゴンに舗装された駐車場が無いので、
  土建屋を送って欲しいとの事なので、
  早速、信頼出来る(名)スズシゲに、手配を御願いする。

   * <在日ビルマロヒンギャ協会>は、1994年に現在のさいたま市で、設立。URLは無し。

★ ミャンマーに関しての御協力依頼個人・企業・団体のリスト

     自民党幹事長 二階俊博 衆議院議員 和歌山県太地町 三軒一高 町長 冨尾石油株式会社 冨尾祥孝 2017・6・27送付

◎ 下の動画は、2016年4月26日14時頃撮影。

★ <高齢者総合支援施設>設立準備書面入手。
    ◎ 此の二つの画像は、<生き涯の里>と云う名称で、開発したものの頓挫した計画マニュアルを被災地復興に合致すると判断し、
   入手したものです。
      仝左の画像は、<高齢者総合支援施設趣旨と目的>。同右の画像は、<建設案>。

    ◎ 仝左の画像は、病院<メディカルモール施設>の計画図。同右の画像は、<医療事業コンセプト】の計画図で、
   此の皮膚科医に、蔡篤俊院長の「NAT針療法」を伝授します。
   <高齢者総合支援施設>の老人ホームには、社会福祉士ケアマネージャー介護福祉士ホームヘルパー
  言語聴覚士作業療法士福祉住環境コーディネーター精神保健福祉士を集め、
  年寄りは、子や孫に面倒を見て貰うのが、一番なのですが、日本人の若い人に其れを期待出来ないので、
  ミャンマーの若い人達を呼んで来る訳です。
   直ぐにも、<高齢者総合支援施設>を被災地で、建設できる体制が整りました。

★ 御協力を戴けなかった個人・企業・団体のリストは、双葉郡復興計画③を御覧下さい。

福島県双葉郡の被災地復興計画①
大熊町役場会津若松出張所を訪問。

福島県双葉郡の被災地復興計画②
山本信人橋中一也両博士と下津浦耕二医師の癌の特効薬は,まがい物。

      本会は、2012年7月8日(日)大泉町文化むら大ホールに於いて、
     被災地支援映画「フラガール」上映会上映会に続き、第二弾から、第八弾迄、「除染作業」等の支援をしたが、
   被災地利用の悪徳業者との戦い。→  「被災地の悪徳業者①」  <被災地の悪徳業者②>に、
      酷い目に遭い、ブラックリストの個人・企業が多い為、国家も、被災地には、税金を使わない方針で、
    被災地支援から、撤退の心算でしたが、双葉郡の一箇町村を此の様に、街づくりします。

     そして、誰もが望む、健康と長寿の万能薬・食べる化粧品<乾燥厚岸草・鹹草/함초>顆粒の販促に御協力下さい
    約50gの試供品を五千円で、ヤフオクで、お買求めに成った方に、一年間の販権を与えます。
     詳細は、万能薬&食べる化粧品の厚岸草・함초を尋ねて、仁川・江華島訪問 2015.6.1. を御覧下さい。
万能薬&食べる化粧品厚岸草鹹草/??貴女に、御提供します!!。★

日韓親善NGO活動35年国際協力団体 東亜友誼慈業研究会
総務大臣届出政治団体  三宅藤原氏族会 (旧 児島高徳公直系同族会)
会長 三宅英雄 [児島高徳公陰陽直系二十四世裔]

〒370-0516 群馬県邑楽郡大泉町中央2-10-1
    電話&Fax 0276-61-0560
      公開2016年04月12日  更新2017年06月29日 <敬称略>

青瓦台で、金大中大統領と会食。   群馬県記念映画「眠る男」主演で、韓国トップスターの安聖基と会食。

日韓合同劇映画「愛の黙示録」群馬県・栃木県上映委員会を組織し、全国最多の5回上映。

韓国大使館張相九参事官家族を小渕総理生家に案内、実兄小渕光平中之条町長等と面談&周辺観光。

愛車単独3000キロ韓国周遊の旅   二東マッコルリをセールス<美味しい韓国の酒>

児島高徳と増位山の三保ヶ関部屋   親戚 三保ヶ関部屋訪問記


저작권(C) 동아우의자업연구회 회장 미야케 히데오     
Copyright (C) 2016-Permanence Hideo Miyake. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system